今日は気温がとても高く、暑い1日でしたね。

午前中は、保土ヶ谷消防署の方が来園されて、
星川ルーナと りとる・ルーナ合同で、避難訓練と消火訓練を行いました。

○避難訓練
近隣住宅より出火が確認されたという想定で行いました。
毎月訓練を行ってきたこともある為か、
子どもたちは訓練の放送が流れるとすぐに静かになり、
担任の先生の話を聞いて園庭に避難できました。

 

避難後は、消防署の方からのお話。

火事の時は、ハンカチを持っていたら口をおさえましょう
(持っていなければ手でも可)と教えて頂きました。
そしてとても上手にお話も聞けていたので、大きな「マル」を頂きました。

※他にも、夏の遊びの中で…
【花火】振り回さないこと。火の粉がかかると火傷をしてしまいます。
【水遊び】少しの水でも溺れます。水の事故が増えるので十分注意しましょう。 というお話をして頂きました。

 

○消火訓練
水消火器を使って実践しました。
大きな声で「火事だー!」と叫んで、周りに火事だということを知らせます。

火元の1.5メートルくらい手前まで近付き、黄色い栓を抜いてホースを火元に向けて放水!

また職員だけでなく、きりん組のお友だちも挑戦し、見事に消火できました。

万が一に備えて、日頃から真剣に訓練に取り組む姿勢を、
大人が見本になって見せていきたいと思います。