2019年9月3日(火)10:00

大規模災害を想定し、園舎から離れ、国大の多目的運動場まで園児・職員全員避難しました。頭にはヘルメットや防災頭巾をかぶり、まずは裸足で出ますが外で防災シューズを履き、速やかに移動!
全員が園から12分ほどで到着しました。

 

運動場では園長先生から、昔、大きな地震があったことや、保育園から避難する時は、この多目的運動場に皆で逃げてくることなどのお話を聞きました。

また、幼児クラスは、アルミパックの防災用の水を手で開けてストローをさして飲む体験もしてみました。

 

保育園に戻ってからは、改めて、避難するときはどのようにするのかを大型絵本をみて学びました。みんな、とても真剣に見ています。

 

給食、おやつは非常食を使っての献立。全員が試食をしました。
4・5歳児はわかめうどんをアルミパックのままいただきました。

 

温かくて美味しいと好評!

 

保護者の方々には配信メールでお知らせと災害ダイヤルの試聴をして頂き、災害に備えての訓練になりました。